トップ «準決勝: 石川錬 vs 大原吉朗 最新

Lord of Magic Championships 2004


決勝: 石川錬 vs 三田村和弥

Written by 小堺透雄

さぁ、決勝だ。

石川(神奈川) VS 三田村(千葉)のアクアライン対決。去年の京浜対決に引き続き、何かネームが浮かんだので、このまま採用の方向で。

デッキは両者とも親和。

細かなデッキ構成はここまで来たら大きな差にはならないだろう。回った方が勝つ。なぜなら親和のミラーマッチなのだから。

スタンダードデッキで、もっとも長い 1 ターンを演出する最速デッキ。その饗宴をじっくりと堪能しようではないですか。

Game 1

先攻は石川。石川錬

石川と三田村が、お互いに《頭蓋囲い/Cranial Plating》を設置し、石川が《マイアの処罰者/Myr Enforcer》、三田村が《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》と連絡する。

石川が挨拶代わりというにはあんまりな 10 点パンチを見舞うと、返す刀で 8 点殴り返す三田村。2 発目を食らうと負けてしまうので《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》でチャンプブロックし、《厳粛な空護り》が殴り返すと飛んでくる石川の《爆片破/Shrapnel Blast》

もう一回《ちらつき蛾の生息地》でチャンプをし、石川がブロッカー用にプレイした《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》で叩き落すと、お返しのパンチと《爆片破》で大味だった第 1 ラウンドは、まずは三田村が勝ち取った。

石川 0 - 1 三田村

Game 2

ふたたび石川が先攻。

今度は打って変わって素早い展開に。三田村和弥

お互い《電結の働き手/Arcbound Worker》《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》とプレイして、完全なミラーの様相だ。

2 枚の《彩色の宝球/Chromatic Sphere》で場に親和と未来のカードという貯金を作った石川は、3 ターン目にして早くも手札は 1 枚きり。

第 11 ラウンドにスピードスターと化した石川が、ふたたび星の速さでなぜか戦闘を仕掛け、双方の《電結の荒廃者》がそれぞれ 3/3 になり、三田村も殴り返した上で《厳粛な空護り》を召喚。

さらに、手札には《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》も控えている状態だ。

手札をほぼ使い切ってしまっていた石川も、次のターンのドローで《静電気の稲妻》を、宝球貯金を使って《電結の荒廃者》《黄鉄の呪文爆弾》を引き込み、《静電気の稲妻》《黄鉄の呪文爆弾》をうまく使って土地を生贄にさせた上で《電結の荒廃者》の除去に成功する。

三田村は空からチクチク殴りつつ、《電結の荒廃者》をふたたびプレイ。石川も《電結の荒廃者》をプレイし、手札は空になったが最初の《電結の荒廃者》は既にカウンター 5 個まで育っている。

リソースの優位から、準決勝に続いて亜空間モードに入る三田村は《大霊堂の信奉者》《金属ガエル/Frogmite》とプレイしつつ、相変わらず《厳粛な空護り》が悠々とパンチ。

石川の場に 3 枚目の《電結の荒廃者》が並ぶが、三田村カリキュレーターは、既に石川のライフを 0 にする算段を終えているようだった。

手札がふたたび空になった石川は 2 体の《電結の荒廃者》でアタックを仕掛けるが、もう適当でいいやと三田村が本当に適当にブロック。

そして、何度も石川のライフが 11 であることを確認する。

確認しよう。

石川のライフは 11 点。

三田村の場には《大霊堂の信奉者》

今の戦闘で 5 枚のアーティファクトが墓地へ行き、《ちらつき蛾の生息地》を起動してカウンターを 4 個追加。

《厳粛な空護り》は健在。

よしっ!

石川 0 - 2 三田村

LoM2004 チャンピオンは、三田村和弥に決定!

おめでとう! 三田村!!

Final Results : 三田村和弥 Win

Tags: Report

編集