トップ «準決勝: 細野靖人 vs 三田村和弥 最新 決勝: 石川錬 vs 三田村和弥»

Lord of Magic Championships 2004


準決勝: 石川錬 vs 大原吉朗

Written by 吉川祐輔

いわゆる親和のミラーマッチ。この先何度繰り返されるかわからないこの戦いは、1 ターンが長い。もちろん引きも大事だが、難しい局面で踏み込む勇気としたたかな計算が必要となる。果たして、今回の趨勢やいかに。

Game 1

ダイスロールで石川先攻。石川の「やります」の声にかぶせるように、大原も「やります」と返答。きびきびした雰囲気が伝わる。大原吉朗

《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》《空僻地/Glimmervoid》から《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》と、一見危ういスタートを切る石川。しかし、これは相手が分かっていてデッキリストが公開されているからできることだ。

対する大原も《羽ばたき飛行機械》 2 枚、《囁きの大霊堂/Vault of Whispers》から《金属ガエル/Frogmite》とロケットスタートである。さすがに、両者「温まっている」。

石川は《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》を追加するも、攻撃はできず終了。大原は負けじと《大霊堂の信奉者》をプレイ、早くも第 2 ターンに《金属ガエル》が攻撃を開始することに。

だが石川も負けてはいない。考慮しつつも《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》から《彩色の宝球/Chromatic Sphere》プレイ、《物読み/Thoughtcast》から《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》プレイと場のパーマネントを増やしていく。こちらには《電結の荒廃者》があるのだ。

さて第 3 ターンであるのに中盤戦の様相の場を覗きこみながら、大原が考える。土地は 3 色揃った。《大霊堂の信奉者》もいる。そして……《頭蓋囲い/Cranial Plating》も今プレイした。優位はこちらだ。《羽ばたき飛行機械》《頭蓋囲い》を装備させると攻撃。有効な対処がない石川は意を決したような声でブロックしないことを宣言、7 点のダメージでライフは 11 に。もう一方の《羽ばたき飛行機械》《頭蓋囲い》を移動して終了。

さてこのままでは苦しい石川は考える。「ちょっと待ってくださいね」と大原に告げると、手札と場を覗きこみながら考慮に沈む。

その手札はと言うと……《大霊堂の信奉者》《マイアの処罰者/Myr Enforcer》。瞬殺も見えるが、届かない気もする。だが躊躇している暇もなさそうだ。石川のコントロール下には、《教議会の座席/Seat of the Synod》 2 枚(一方は今セット)《ちらつき蛾の生息地》《空僻地》《大霊堂の信奉者》《電結の荒廃者》《彩色の宝球》《黄鉄の呪文爆弾》

同じく大原のコントロール下には、《頭蓋囲い》つき《羽ばたき飛行機械》《羽ばたき飛行機械》(タップ)、《金属ガエル》《大霊堂の信奉者》、アーティファクト土地が 4 枚あるがすべてタップしている。有効な手札はないようだ。だが、ライフは 20 ある。

石川の手札は前述の通りだ。果たして答えはどうなのか、可か、否か。

ペンと紙を持って考えていた石川が、突如ペンを叩きつけるように置いた。

………………

結論から言えば、このターン中に石川は勝利した。手順は各自考えられたし。

石川 1 - 0 大原

Game 2

行き詰まる場面で勝利を確保し、意気上がる石川。大原は静かにシャッフルを繰り返す。

緊迫の第 2 ゲームは、大原先攻に替わる。

「はい」とキープを宣言した大原、少し間を置いて石川も「やります」と。石川錬

立ち上がりは《教議会の座席》 2 枚から《電結の荒廃者》の大原に対し、《羽ばたき飛行機械》《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》《彩色の宝球》《教議会の座席》《黄鉄の呪文爆弾》《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》の石川。石川やや有利か。

しかし大原も続くターン、《羽ばたき飛行機械》から《金属ガエル》を 2 枚重ねて《電結の荒廃者》攻撃。ライフが初めて動き、石川 19。まだ第 3 ターンであるが、親和のミラーマッチではそれが果てなく長い気がする。だが、3 枚目の土地が置けなかったのが気がかりだ。

返すターン、石川は《物読み》をプレイ。手札が思わしくないのか、1 枚 1 枚力をこめてドローする。しかし満足の表情とは言いがたい。《彩色の宝球》を起動するも、《電結の働き手/Arcbound Worker》《羽ばたき飛行機械》を展開し、《厳粛な空護り》で攻撃するのみで終了する。大原のライフは 17 に。

大原はこのうちに攻めきってしまいたいが、土地がないのが足枷になっているか。《金属ガエル》 2 体と《電結の荒廃者》で攻撃。石川は《電結の働き手》《電結の荒廃者》をブロックし、大原は《教議会の座席》《電結の荒廃者》の餌とすることでこれを救った。石川の《電結の働き手》のカウンターは《羽ばたき飛行機械》に移動、ライフは 15 に。

石川はどうか。しかし何も追加されない。《厳粛な空護り》で攻撃するにとどまり、そのままターンを返す。大原のライフは 14 へ。

大原は土地をサクリファイスした以上、特攻を止めるわけにはいかない。《黄鉄の呪文爆弾》を置いた後、あらためて《金属ガエル》 2 体、《電結の荒廃者》《電結の働き手》で攻撃。2/2 が 2 体通り、石川のライフは 11 になる。

ふたたびターンがやってきた石川、ライブラリに力を込める。通常ドローでは満足行かなかったか、《彩色の宝球》を起動する。そこに待っていたのは、《大霊堂の信奉者》。これで主導権は握れる。《厳粛な空護り》で攻撃し大原のライフを 11 とすると、《大霊堂の信奉者》をプレイグラウンドに置く。さあ。

大原は土地が引けない。仕方なし、の表情で《黄鉄の呪文爆弾》をドローに換える(ライフは 10 に)も、そこには土地がない。ここでは思いきり、で《電結の荒廃者》のみがレッドゾーンに送り込まれるが、石川は考慮の後これをブロックせず。大原も動くに動けず、石川のライフが 9 になるのみだ。

石川のターン。《厳粛な空護り》が攻撃するが、攻撃宣言時に大原の《羽ばたき飛行機械》に寄せるようにして《厳粛な空護り》を置いた。大原は注文通りに《羽ばたき飛行機械》でチャンプブロック、ライフが 9 になる。石川は《金属ガエル》を追加して終了。

大原のドローステップ、ついに待望の《空僻地》を引き当てる。しかし、遅きに失した感が否めない。これをプレイし、そこから《大霊堂の信奉者》を場に送るのだが、攻撃にすら出られない。心なしか力なくターンを返す。

石川は、最後の詰めの計算を行う。意を決して《大霊堂の信奉者》以外の総クリーチャーで攻撃を行うと、《厳粛な空護り》が止まらない上にクリーチャーのぶつかり合いで最後のライフを削り取られてしまう大原は、悔しげにカードを片付けた。

石川 2 - 0 大原

緊迫した状況での計算をミスなくクリアした石川。これは決勝に向けて、今後に向けて大きな自信となることだろう。いや、もしかしたらこれはもう彼にとって当然のことになるかもしれない。

石川錬、決勝進出!

第 1 ゲームの石川の動き(正解例)

《空僻地》から黒マナ→プレイ《大霊堂の信奉者》

《教議会の座席》から青マナ→《ちらつき蛾の生息地》起動

《教議会の座席》から青マナ→プレイ《マイアの処罰者》

《ちらつき蛾の生息地》から無色マナ→《彩色の宝球》起動(大原ライフ 20 → 18)、赤マナ生成

大原の(アンタップ状態の)《羽ばたき飛行機械》を対象に《黄鉄の呪文爆弾》起動(大原ライフ 18 → 16)→これを解決(大原ライフ 16 → 14)

戦闘フェイズ

《羽ばたき飛行機械》で攻撃

《教議会の座席》 2 枚、《マイアの処罰者》《ちらつき蛾の生息地》《電結の荒廃者》の能力でサクリファイス(大原ライフ 14 → 6)→《電結の荒廃者》のカウンターが 5 つに

《電結の荒廃者》自身をサクリファイス(大原ライフ 6 → 4)→《羽ばたき飛行機械》が 5/7 に

戦闘ダメージ解決(大原ライフ 4 → -1)

Tags: Report

編集