トップ «準々決勝: 射場本正巳 vs 三田村和弥 最新 準々決勝: 石川錬 vs 有田隆一»

Lord of Magic Championships 2004


準々決勝: 大原吉朗 vs 熱田直央

Written by Keita Mori

新しい時代の息吹、神河物語の先行導入というのが大きなテーマであるハズのこの LoM2004。しかしながら、その栄えある準々決勝で実現したのは……ミラディン時代の象徴そのものである「親和(affinity)」のミラーマッチで、なんと彼らは新しいセットのカードをただの一枚も使用していないという有様だった。

もっとも、Lord of Magic Championships というイベントは日本選手権を模したジグザグフォーマットによって行われたものであり、いわゆるファイナルズのような純然たる構築勝負ではないということもあるのかもしれない。まあ、新しい時代の波をものともしない強固なアーキタイプを再度堪能するとしようか。

Game 1

先手をとった大原はテイクマリガン。対する熱田はノータイムで初手をキープした。

大原が《教議会の座席/Seat of the Synod》から《彩色の宝球/Chromatic Sphere》というファーストアクションをみせると、後手熱田も《教議会の座席》から《彩色の宝球》と完全な鏡打ち。熱田直央

続けて大原は《囁きの大霊堂/Vault of Whispers》から《金属ガエル/Frogmite》展開で《物読み/Thoughtcast》詠唱。対して熱田は《伝承の樹/Tree of Tales》から《彩色の宝球》 2 枚目を展開しつつ《金属ガエル》召喚。《宝球》のうち 1 枚をキャントリップしつつ《宝球》の都合 3 枚目をキャストだ。

さらに大原はすばらしい爆発力を見せる。《囁きの大霊堂》設置から《マイアの処罰者/Myr Enforcer》を連打し、2 匹目の《金属ガエル》召喚。一気に圧倒的な陣容を作り上げた上で《金属ガエル》 1 体によるアタック。いきなりの大攻勢に晒されることになった熱田は《大焼炉/Great Furnace》セットから《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》で第 3 ターンを終える。

第 4 ターンの大原は、《彩色の宝球》をキャントリップして青マナからさらに《彩色の宝球》を設置し、セット《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》からフルアタック。昨年度 Lord of Magic Champion である熱田も、なんとか《電結の荒廃者》を巨大化させつつ、《カエル》は《カエル》と相打ちにとるなど必死の応戦。

しかしながら、大原がトップデッキした《頭蓋囲い/Cranial Plating》《ちらつき蛾の生息地》へと装着され、ダメージレースは一瞬にして終焉を迎えてしまうことになる。

大原 1 - 0

Game 2

先手をとった熱田は《教議会の座席》から《霊気の薬瓶/AEther Vial》を設置。大原は《大焼炉》から《電結の働き手》召喚という立ち上がりだ。

熱田は 2 ターン目に《囁きの大霊堂》から《電結の荒廃者》を展開。後手大原はセット《教議会の座席》から《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》をプレイし、さっそく起爆して《荒廃者》へと投げつける。ハンドの内容を確認した上で熱田はここで《電結の荒廃者》を諦めたのだった。それを見届けてから大原は 2 体の《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》を場に放ち、《電結の働き手》でアタック。

さて、ここで熱田は 3 ターン目に《ちらつき蛾の生息地》をセットし、X=2 の《霊気の薬瓶》から《電結の荒廃者》の 2 枚目を展開し、その上で 3/2 フライヤー《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》を呼び出した。はたして熱田が流れを引き戻しつつあるのか注目のゲーム展開だが、ここで大原は力強く《頭蓋囲い》を引き当て、《電結の働き手》を 8/1 クリーチャーとしてアタック宣言。熱田はこれも本体に通して残りライフ 11 だ。大原吉朗

第 4 ターンの熱田はセット《教議会の座席》から《厳粛な空護り》《電結の荒廃者》でのアタック宣言。大原が本体へとスルーを選択したため、熱田はここで《教議会の座席》 1 枚を《荒廃者》のために生贄にささげた。大原のライフが 15。他方の大原はここで《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》を引き当て、セット《空僻地/Glimmervoid》からこれをプレイ。熱田はこれにレスポンスで X=3 の《霊気の薬瓶》からサイドボードカードをインスタントスピードで召喚。この《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》《頭蓋囲い》を破壊し、さらには役目を終えた《霊気の薬瓶》を《信奉者》が場に出る前に《荒廃者》へと食べさせるていねいなプレイだ。《荒廃者》は 3/3 に。

先ほどの《霊気の薬瓶》トリックを成功させた熱田、返す 5 ターン目に《大霊堂の信奉者》を召喚し、その上で 2/2 の《シャーマン》と 3/3 の《荒廃者》で攻撃宣言。《荒廃者》を《働き手》でチャンプブロックし、自陣の《羽ばたき飛行機械》を 1/3 フライヤーとするリアクションとなる大原だ。そして、大原も決して負けていない。ここで 2 匹目の《大霊堂の信奉者》をきちっと引き当ててから《彩色の宝球》をキャントリップ。これだけで熱田はルーズ 2 ライフというわけで、その上で《黄鉄の呪文爆弾》を起動し、熱田をさらにルーズ 2 ライフさせつつ熱田のサイドの《大霊堂の信奉者》を除去してみせた。これで熱田のライフトータルは 7 だ。

熱田は《教議会の座席》をセットしての《物読み》からアタック宣言。《厳粛な空護り》が 0/2 の方の《羽ばたき飛行機械》によってチャンプブロックされるも、《電結の荒廃者》はスルーされた。実にタイトなダメージレースだ。

しかし、決定打を先に引き当てたのは大原吉朗のほうだった。そう、2 体の《大霊堂の信奉者》のバックアップによって実質 7 点火力となる《爆片破/Shrapnel Blast》を詠唱し、鮮やかな一撃で金星を勝ち取ったのだった。

Results:大原 吉朗 wins 2 - 0

Affinity - Ohara Yoshiro / Lord of Magic Championships 2004
 4  羽ばたき飛行機械/Ornithopter
 4  電結の荒廃者/Arcbound Ravager
 4  マイアの処罰者/Myr Enforcer
 4  金属ガエル/Frogmite
 4  電結の働き手/Arcbound Worker
 4  大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault

24 Creatures 2 夜の囁き/Night's Whisper 2 彩色の宝球/Chromatic Sphere 2 黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb 4 頭蓋囲い/Cranial Plating 4 爆片破/Shrapnel Blast 4 物読み/Thoughtcast
18 Spells 2 ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus 4 大焼炉/Great Furnace 4 教議会の座席/Seat of the Synod 4 囁きの大霊堂/Vault of Whispers 4 空僻地/Glimmervoid
18 Land 60 Total Cards
 4  粉砕/Shatter
 3  モリオックの装具工/Moriok Rigger
 4  秘宝の障壁/Relic Barrier
 4  マナ漏出/Mana Leak

15 Sideboard Cards
Affinity - Atsuta Nao / Lord of Magic Championships 2004
 4  大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault
 4  マイアの処罰者/Myr Enforcer
 4  電結の荒廃者/Arcbound Ravager
 4  電結の働き手/Arcbound Worker
 4  金属ガエル/Frogmite
 3  エイトグ/Atog
 1  マイアの回収者/Myr Retriever

24 Creatures 4 物読み/Thoughtcast 4 頭蓋囲い/Cranial Plating 4 彩色の宝球/Chromatic Sphere 4 霊気の薬瓶/Aether Vial
16 Spells 4 伝承の樹/Tree of Tales 4 教議会の座席/Seat of the Synod 3 囁きの大霊堂/Vault of Whispers 4 大焼炉/Great Furnace 4 ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus 1 空僻地/Glimmervoid
20 Land 60 Total Cards
 4  酸化/Oxidize
 3  ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman
 3  静電気の稲妻/Electrostatic Bolt
 1  空僻地/Glimmervoid
 2  マイアの回収者/Myr Retriever
 2  厳粛な空護り/Somber Hoverguard

15 Sideboard Cards
Tags: Report

編集