トップ «ラウンド 9: 射場本正巳 vs 大礒正嗣 最新 ロチェスタードラフト 全勝者デッキリスト»

Lord of Magic Championships 2004


ラウンド 9: 熱田直央 vs 三田村和弥

Written by 小堺透雄

ピックを見る限り、卓最強の 2 つのデッキであることは間違いない。

赤緑の熱田、赤黒の三田村。両者ともここまでロチェスタードラフトで 5 連勝を飾っており、ここで勝つと早くもベスト 8 に当確ランプが灯る。

先に階段を上るのは、熱田か、三田村か。

相手が倒れるまで続く、ビートダウン同士の素手喧嘩で決着をつける。

Game 1

熱田直央

熱田が《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》《狩猟の神/Kami of the Hunt》とテンポ良く展開すれば、三田村は《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》《欠け月の神/Kami of the Waning Moon》と返し、序盤から目まぐるしい展開に。

熱田が《狩猟の神》《寄せ餌/Lure》をエンチャントして《欠け月の神》を排除すると、三田村も 2 枚目の《鼠の殺し屋》でクロックを強化する。息吐く暇が無いとはまさにこのことか。

熱田も《血の信徒/Initiate of Blood》《かまどの神/Hearth Kami》《生相の否命/Iname, Life Aspect》《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》と追加戦力を呼び寄せるものの、いかんせん 2 体の《鼠の殺し屋》が止まらない。

《呪われた浪人/Cursed Ronin》《血の語り部/Blood Speaker》と、ブロッカーを調達した三田村に対して全軍アタックをする熱田だったが、パワークリーチャーを引き込めない影響がここに出てしまい、わずかにダメージが足りない。

結局、《鼠の殺し屋》の鎖分銅が熱田を捉え切ったのだった。

熱田 1 - 0 山崎

Game 2

ビデオを再生しているかのように、ふたたび熱田の《桜族の長老》からゲームが動き始める。

三田村も《血塗られた悪姥/Wicked Akuba》《悪逆な大峨/Villainous Ogre》と連続召喚して攻撃陣を用意し、熱田も《桜族の長老》のバックアップから《血の信徒》《尊い蜘蛛/Venerable Kumo》《溶岩の魂/Soul of Magma》とマナカーブに沿って展開する。 三田村和弥

この戦いに序盤戦などは無く、すべてが相手のライフを抉り取るための凶器である。守りのカードなどに用は無く、すべてのクリーチャーは横に倒されるために存在している。

《血塗られた悪姥》《溶岩の魂》の能力で排除した熱田は、並べたクリーチャー群で一斉攻撃。三田村も《野太刀/No-Dachi》でパワーアップした《悪逆な大峨》で反撃を開始し、お互いのライフはあっという間にレッドゾーンへ突入する。

そして、大物である《生相の否命》が熱田の陣営に姿を現し、盤面が煮詰まってきた。

ここで一度状況を整理しよう。

熱田の戦力では、一撃で三田村を倒すには『このままでは』少し足りない。しかし、三田村のコントロールするクリーチャーは、ここまでの攻防で《野太刀》が装備された《悪逆な大峨》のみ。場だけを見渡せば、熱田の圧倒的有利なはずだった。

熱田になんらかの増強手段、または火力があればこのターンに決まるのだが、アタックの後フルタップでブロッカーを召喚してターンを返した瞬間に、熱田の運命が決まってしまった。

三田村、《影の舞い/Dance of Shadows》を強烈にアピール。

熱田はまたしても 1 ターン差に泣く事となってしまったのだった。

熱田 0 - 2 三田村

Final Results : 三田村和弥 Win

Tags: Report

編集