トップ «ドラフト 2: 1 番ポッド ドラフト譜 最新 Day 2 Announce»

Lord of Magic Championships 2004


ラウンド 7: 熱田直央 vs 山崎雄毅

Written by 小堺透雄

ロチェスタードラフト 2 回目。

7 回戦のフューチャーマッチは、昨年度の LoM チャンピオン熱田とベスト 4 の山崎の激突。両者ともスタンダードラウンドを 2-1、第 1 ドラフトを 3-0 で折り返しており、去年に引き続いてリミテッドで追い風を受けている。

毎年、おおよそ 8 勝が LoM でのベスト 8 通過ボーダーとなっているが、ここで勝てば明日は 5 回戦中 2 勝で決勝トーナメントへ駒を進められる。両者とも、勝って明日を迎えたいところだろう。

デッキは熱田が赤緑、山崎が青白+黒。

地上のビートダウンが押し切るか、回避能力の勝利か。

双方ともデッキ内容が強いうえ《山伏の長、熊野/Kumano, Master Yamabushi》(熱田)と《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》(山崎)という爆弾カードが仕込まれているだけに、熱戦が期待できる。

Game 1

熱田の先攻でスタート。

3 ターン目に《狩猟の神/Kami of the Hunt》をプレイするが、山崎は《手の檻/Cage of Hands》で対処。続いて熱田が《聖鈴の僧団/Order of the Sacred Bell》をプレイするが、これも 2 枚目の《手の檻》でしっかりとキャッチ。

しかし、熱田は止まらず《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》《血の信徒/Initiate of Blood》連続召喚。《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》を召喚して空から殴りにかかる山崎は、地上も《小走りの死神/Scuttling Death》で固めてようやく追いついたかに見えた。

―――《血の信徒》が反転するまでは。

後続が続かずに《灰色肌のずべら/Ashen-Skin Zubera》で牽制するが、《手の檻》を移して攻撃可能になった《狩猟の神》《無法者の剛火/Goka the Unjust》が襲い掛かり、《怒りの狂乱/Blind with Anger》まで打ち込まれては山崎はひとたまりも無かった。

熱田 1 - 0 山崎

Game 2

Meloku the Clouded Mirror

熱田の《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》に対して山崎が《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》で応える。熱田が《狩猟の神》を構えれば、山崎も《灰色肌のずべら》と共にアタックと、負けていない。

《狩猟の神》《残酷な詐欺師》が相打ちとなるが、山崎は《蛾乗りの侍/Mothrider Samurai》《空民の鏡守り》と空から攻め立て、《尊い蜘蛛/Venerable Kumo》《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》と相打つものの、山崎はお代わりに《つぶやく神/Gibbering Kami》を追加する。

どこを切っても航空戦力の山崎に、赤緑の熱田が今度は苦しい。が、熱田は起死回生の《山伏の長、熊野》を力強くプレイ!!

これで端から山崎のクリーチャーを排除にかかるが、山崎も《曇り鏡のメロク》様が御降臨と、序盤戦の攻防から一転して怪獣大決戦の予感。

さて、熱田の場には 7 マナある。しかし《曇り鏡のメロク》を排除するには、あと 1 マナ足りないのだ。

これを見て、山崎は《聖鈴の僧団》《山伏の長、熊野》《手の檻》をエンチャントし、熱田のマナがそろわないうちに残り 3 点のライフを削り取る作戦に出る。

これは賭けだったが、熱田の次のドローは……土地! ではなかった。山崎の思い切った作戦が、薄氷の勝利を呼び込んだのだった。

熱田 1 - 1 山崎

Game 3

先手から《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》経由の《狩猟の神》を召喚し、さらに《大蛇の野伏/Orochi Ranger》《激憤の本殿/Honden of Infinite Rage》と繋いで場を構築する熱田。

山崎も《蛾乗りの侍》《百爪の神/Hundred-Talon Kami》と応え、一方的なゲームにはさせまいと対応する。

黒・青・白の飛行部隊を操る山崎に対しては、なんとかサイズ勝負に持ち込みたい赤緑の熱田。《血の信徒》《残忍な詐欺師》と召喚してプレッシャーを掛けるものの、山崎もこのマッチではもう十八番となった《手の檻》《残忍な詐欺師》にプレイして沈静化を図る。

しかし、タフネスの低い山崎の陣営に《激憤の本殿》がガンである。

お互い、ライフが残りわずかとなってラストターンが近づく中、山崎が戦闘で墓地へと落ちた《蛾乗りの侍》《魂無き蘇生/Soulless Revival》で回収、即フルタップでプレイすると、熱田は《寄せ餌/Lure》をハンドから公開。総力戦に決着を付けたのだった。

熱田 2 - 1 山崎

Final Results : 熱田直央 Win

Tags: Report

編集