トップ «ラウンド 6: 四本悠葵 vs 秋山貴志 最新 ドラフト 2: 1 番ポッド ドラフト譜»

Lord of Magic Championships 2004


ラウンド 6: 細野靖人 vs 浅原晃

Written by Keita Mori

細野靖人

Standard:Affinity

1st Rochester:白緑

PT サンディエゴ千葉予選大会を突破したときに副賞として与えられた LoM 参戦権により、今大会にエントリー。

スタンダードを「親和」デッキでの 3 連勝で飾り、第 1 ロチェスターでは質の高い白緑ビートダウンデッキを構築。ここまで彼の白緑《清められし者、せし郎/Seshiro the Anointed》軍団は無敗だ。ファッティ!

浅原晃

Standard:Big Red

1st Rochester:青黒

ゲームぎゃざ誌の原稿を仕上げて徹夜明けでの参戦。徹夜、長距離運転というコンボにより疲労困憊でのトーナメント参戦となるも「……これも、いつものことですから」と、はにかむようなアキラスマイル。

昨日の段階では参戦できるかどうかさえ危ぶまれていたわけで、当然のごとくスタンダードデッキはお手軽 30 分レシピとなってしまったのだとか。ドラフトも「お手軽適当ビートダウンに Greed (※《貪る強欲/Devouring Greed》)はいってるだけですよ」とのこと。

はたして、6 連勝からポールポジションでの 2nd Rochester スタートという栄誉を勝ち取るのは浅原か細野か。注目の一戦だ。

緑白というカラーコンビネーションの細野がサイズ勝負。もちろん、2 マナから 4 マナにジャンプアップできることも大きな強みだ。対する青黒の浅原は“畏怖/Fear”と“飛行/Flight”が主力クロックであり、そして 2 枚の《貪る強欲》というわけ。それぞれに軸の違うビートダウンストラテジーを採用した好対照のマッチアップといえる。

細野は 4 マナで 3/3 の《根走り/Rootrunner》をプレイするようなデッキで、対する浅原は同じマナ域で 2/2 フライヤーの《つぶやく神/Gibbering Kami》を展開しようというわけなのだ。

Game 1

先手、青黒スピリットデッキの浅原がセット《沼/Swamp》のみでターンを終えると、細野は《平地/Plains》から《今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda》を雄々しく召喚。やはり、開幕ターンに 2/2 クリーチャーが登場というのはそれだけで爽快感がありそうだ。細野が少し晴れやかな表情を見せたように思える。細野靖人

しかしながら、先手浅原は事故る素振りも見せずに 2 ターン目に 2/1 《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》を展開して《勇丸》をあっさりと相打ちに仕留める。そこから浅原は《無神経な詐欺師/Callous Deceiver》を召喚し、対して細野は 3 ターン目に《兜蛾/Kabuto Moth》、4 ターン目に《松族のおとり/Matsu-Tribe Decoy》と連打。一瞬 3 マナで止まってしまった浅原も第 5 ターン目にはきっちり 4 マナ目を引き当て、2/2 フライヤーである《つぶやく神》を召喚した。

細野は《松族のおとり》でのアタック後に 4 マナ 3/3 の《根走り》を召喚。対して浅原は地上に 4/2 スピリットである《小走りの死神/Scuttling Death》を。こうしてみると、浅原がここまでに展開した 4 体のクリーチャーすべてが“スピリット/Spirit”だ。浅原の陣営は一見しただけで“転生/Soulshift”での潜在的なアドバンテージだらけだし、浅原が戦前にほのめかした《貪る強欲》はたしかに強そうだ。

しかしながら細野も《自然との融和/Commune with Nature》プレイから“スピリット・タッパー”こと《狐の易者/Kitsune Diviner》を召喚し、《平和な心/Pacifism》よろしく《手の檻/Cage of Hands》《つぶやく神》にまとわせる。一歩も引かない。

ここで浅原は 4/2 《小走りの死神》でアタック宣言し、これがスルーされたためにライフが 14 (細野)対 18 (浅原)に。戦闘後に浅原は《つぶやく神》の 2 枚目を展開してターンエンド。対して細野は《根走り》でアタック宣言。3 点通って浅原のライフが 15。戦闘後に 6 マナ 4/4 武士道: 2 の《侍の処罰者/Samurai Enforcers》をプレイしてターンを返した。浅原晃

浅原は 2 マナを残しつつ《空民の鏡術士/Soratami Mirror-Mage》を召喚し、攻撃宣言。「……むずいな」と呟いた細野は《小走りの死神》《狐の易者》でタップさせることとし、浅原はこれをうけてアンブロッカブルにした《つぶやく神》でアタック、2 点。細野のライフは 12 だ。

地上戦線でのサイズ面で浅原を圧倒するかたちでダメージレースを飾りたい細野は、《侍の処罰者》《松族のおとり》《根走り》の 3 体でアタック宣言。マナは 6 マナを、さらには +1/+2 修正を与えてくれるフライヤーである《兜蛾》がたててある。ここで浅原はすべてのダメージをスルーし、お互いにコンバットトリックやらの使用がなかったために、スタックされたダメージは 8 点。これによって浅原のライフが 7 に。戦闘後に 6 マナ 5/5 トランプラー、《苔の神/Moss Kami》を戦線に加える細野。デカイ。

しかし、浅原はいつもの涼しい顔で攻撃宣言。ここで細野が《狐の易者》で 4/2 《小走りの死神》をタップさせてきたため、浅原は《つぶやく神》《空民の鏡術士》の起動型回避能力を付与して 2 点のダメージを通すことに。

……そして、この一撃によって細野のライフ水準はちょうど《貪る強欲》の射程圏内まで引きずり下ろされていたのだった。

浅原先勝。

Game 2

星を取り返したい細野は《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》で 2 マナから 4 マナへのジャンプアップを果たしての 3 ターン目《根走り》召喚、と小気味良いスタート。しかしながら浅原も 2/1 Fear の《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》から 1/4 ブロッカー《川の水神/River Kaijin》召喚、とすばらしいテンポでこれに応戦してきたのだった。文字通り、《丘巨人/Hill Giant》《角海亀/Horned Turtle》抑えこむが如し構図である。

ここで細野が《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》を追加すると、対して浅原は“畏怖/Fear”に続けて“飛行/Flight”%>だ! と《つぶやく神》を召喚。他方の細野は続けて《清められし者、せし郎》を 5 ターン目に展開。強力なレジェンドをマナブーストによって 1 ターン早く召喚できたわけだから、細野はすばらしいまわり、と呼べる部類のドローに恵まれているといっていいだろう。

Devouring Greed

……そして、それでも、このマッチの勝者は浅原晃となってしまうのである。

浅原は《清められし者、せし郎》のテキストを確認しながら“畏怖/Fear”の 2/1 と“飛行/Flight”の 2/2 でアタックし、《つぶやく神》の 2 体目を戦線に追加。返す細野の全軍突撃に対して、浅原は《大蛇の支援者》を 1/4 《川の水神》でブロック。《清められし者、せし郎》の恩恵によってハンドを補充しつつ、戦闘後に細野は《謙虚な武道家/Humble Budoka》を召喚。一見、場には緊張感が走る展開だ。

しかしながら、浅原晃はすでにフィニッシュブローの構えをとっていたのだった。回避能力つきアタッカーの攻撃で 6 点、そこからの《貪る強欲》でもう 6 点。かくて、一瞬にして 12 点ものダメージをたたき出した浅原が連勝を飾ることになった。

Results:浅原 晃が全参加者で唯一の 6 連勝プレイヤーに!

せっかくなので、浅原のすばらしい青黒デッキについて少し話を聞いてみた。

浅原:一番最初、開幕にパックをあけたんですけど、《野太刀/No-Dachi》からスタートでした。無理に色を決めることもないかなと。個人的には青黒とか赤緑がいまのところしっくり感じています。

森:ピックでのコツは?

浅原:回避能力でのアタックから《貪る強欲》をうてるようにするだけですね。コンセプトをもってれば、別に青黒でなく赤緑でもいいとおもいますよ。

そうそう、浅原のデッキには 5 体もの《つぶやく神》が投入されていたことを言及しておこう。

Blue-Black - Asahara Akira / LoM2004 1st Rochester
 2  無神経な詐欺師/Callous Deceiver
 1  川の水神/River Kaijin
 1  空民の雲乗り/Soratami Cloudskater
 1  空民の予見者/Soratami Seer
 2  残酷な詐欺師/Cruel Deceiver
 5  つぶやく神/Gibbering Kami
 1  鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat
 1  小走りの死神/Scuttling Death

14 Creatures 1 野太刀/No-Dachi 1 空民の助言/Counsel of the Soratami 1 未達の目/Eye of Nowhere 1 汚れ/Befoul 1 影の舞い/Dance of Shadows 2 貪る強欲/Devouring Greed 1 肉体の奪取/Rend Flesh 1 霊魂の奪取/Rend Spirit
9 Spells 8 島/Island 8 沼/Swamp 1 禁忌の果樹園/Forbidden Orchard
17 Land 40 Total Cards

0 Sideboard Cards
White-Green - Hosono Yasuto / LoM2004 1st Rochester
 1  八ツ尾半/Eight-and-a-Half-Tails
 1  今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda
 1  兜蛾/Kabuto Moth
 3  狐の刃遣い/Kitsune Blademaster
 1  狐の易者/Kitsune Diviner
 1  狐の癒し手/Kitsune Healer
 1  侍の処罰者/Samurai Enforcers
 1  残忍な詐欺師/Feral Deceiver
 2  謙虚な武道家/Humble Budoka
 1  樫族の戦士/Kashi-Tribe Warriors
 1  松族のおとり/Matsu-Tribe Decoy
 1  苔の神/Moss Kami
 2  大蛇の支援者/Orochi Sustainer
 1  根走り/Rootrunner
 1  清められし者、せし郎/Seshiro the Anointed

19 Creatures 2 手の檻/Cage of Hands 1 浄火の本殿/Honden of Cleansing Fire 1 不退転の意志/Indomitable Will 1 自然との融和/Commune with Nature
5 Spells 8 森/Forest 8 平地/Plains
16 Land 40 Total Cards

0 Sideboard Cards
Tags: Report

編集