トップ «ラウンド 5: 射場本正巳 vs 有田隆一 最新 ラウンド 6: 細野靖人 vs 浅原晃»

Lord of Magic Championships 2004


ラウンド 6: 四本悠葵 vs 秋山貴志

Written by 吉川祐輔

Player information

四本悠葵 - 龍王戦で権利獲得。ロチェスターは初めて。

秋山貴志 - 千葉中心に活動し、ポイントを積み重ねての出場。ロチェスターは 2 回目。

Game 1

ダイスロールで秋山先攻。お互い少考してのキープ。四本悠葵

ファーストアクションは秋山の《今田の旗本/Konda's Hatamoto》。対して四本は《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》。続く攻撃をチャンプして、《桜族の長老》は土地に換わる。

伸びたマナを活かして《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》展開、秋山は《生真面目な君、昌子/Masako the Humorless》をエンドに、続いて《過酷な詐欺師/Harsh Deceiver》をプレイ。四本もこれに対して強引に突破することはせず、《生網の本殿/Honden of Life's Web》で機をうかがう。

このあたりから膠着の気配が濃くなる。そこでと、秋山は《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》で思わせぶりアタック。土地がフルタップで、かつクリーチャーがすべて緑色(もしくは無色 1/1)の四本はあえて迎え撃つことをせず、このゲーム初めてライフが動く。

四本は戦線を徐々に伸ばしながらもアタックに行けない。逆に秋山の《虚飾の道の神》思わせぶりアタックも、無色である《生網の本殿》のスピリット・トークンにチャンプされだすようになり、攻撃の気が抜けない。

何度目かのもどかしい膠着のあと、秋山は《苔の神/Moss Kami》をドロー。《虚飾の道の神》にプロテクション(緑)をまとわせて、改めて攻撃に入る。

四本はここで《山崎兄弟/Brothers Yamazaki》《霜剣山の暴れ者/Sokenzan Bruiser》での 2 体ブロックを選択するが、秋山の待ち構えた《蝋燭の輝き/Candles' Glow》が突き刺さり、《霜剣山の暴れ者》は墓地へ。

秋山は《虚飾の道の神》 2 枚目を追加して攻撃していくも、《苔の神》《刻みを継ぐもの/Burr Grafter》《聖鐘の僧団》に止めれらる。そこでは《祝福の息吹/Blessed Breath》でかわして攻め手を失わない。

だが、秘儀も有限。そうなれば延々四本のもとにはトークンが集ってくるわけで、《虚飾の道の神》の手も止まり、秋山が頭を抱えることも増えてきてしまった。

しかし、ここで秋山は《兜蛾/Kabuto Moth》を引き当てる。2 体の《虚飾の道の神》にプロテクション(赤)をまとわせ、四本の唯一の赤いクリーチャー《山崎兄弟》《手の檻/Cage of Hands》を張りつけた上で攻撃。これに対し四本はブロックせず、ライフはいつのまにか 5 へ。

さらには《兜蛾》をブロックできるクリーチャーは四本にはいない。秋山は意を決したように《兜蛾》で攻撃後、これに《不退転の意志/Indomitable Will》。クロックをわずかでも早めることにする。

四本は《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》の能力でライブラリを見ながら必死で対処策を探す。しかし、そこには願ったカードがなかったようで、しばし自軍のクリーチャーを数えた後、カードを片付けて投了を宣言した。

四本 0 - 1 秋山

Game 2

時間も押し迫って、双方行動を速める。

替わって四本先攻。ゲームは秋山の《灯籠の神/Lantern Kami》からスタートした。さらには《灯籠の神》 2 枚目と《蛾乗りの侍/Mothrider Samurai》を加え、飛行への対処が薄い四本へプレッシャーをかける。地上は《今田の旗本》だ。

四本も《苦痛の神/Pain Kami》《残忍な詐欺師》と展開していくのだが、どうもテンポが悪い。ライブラリを見た後に《残忍な詐欺師》で攻撃してみるも、トップが土地でないことを読まれ《今田の旗本/Konda's Hatamoto》と相討ちになってしまう。

こうなれば俄然秋山ペース。《虚飾の道の神》《狐の癒し手/Kitsune Healer》を追加して、止まらない飛行でクロックを刻む。四本の残るライフは 7 だ。秋山貴志

相手のクリーチャーがすべて緑であることを確認した秋山は、ある秘儀呪文をプレイして《虚飾の道の神》の宣言は緑。これで残り 2 まで追い詰められる……と思ったが、その秘儀呪文はよりによって《天空のもや/Ethereal Haze》。うっかりミスで貴重なトリックと 1 ターンを失ってしまう。

それでも、場が圧倒的であることに変わりはない。四本に《宝珠編みの蜘蛛/Orbweaver Kumo》が舞い降りるも、《苔の神》を追加して《虚飾の道の神》でライフ 4、ようやく色の違うクリーチャーである《かまどの神/Hearth Kami》がやってくるも《苔の神》《不退転の意志》で相手の戦線をほぼ壊滅させる。

さすがにもう逆転はなく。

四本 0 - 2 秋山

《天空のもや》のミスがあったり、双方が《生網の本殿》のトークンが無色であることを失念していたりと荒い部分も多かったが、経験も少ないということで今後に期待したい。

いや、もしかするとこの大会中に「化ける」かもしれない。忘れるべきでないのは、前に向かう心だ。

秋山貴志、勝利!

Tags: Report

編集