トップ «ラウンド 4: 大礒正嗣 vs 相澤恵司 最新 ラウンド 5: 射場本正巳 vs 有田隆一»

Lord of Magic Championships 2004


ラウンド 5: 中村修平 vs 志村一郎

Written by 吉川祐輔

Player information

中村修平 - 青白。《伝承の語り部/Teller of Tales》 3 枚と《嵐の種父/Sire of the Storm》を擁し、スピリットで誘発祭りを狙う。

志村一郎 - 白緑。除去能力こそほとんどないが、デッキのクリーチャーほぼ全てが前のめりで攻撃的。速やかな決着なら勝利は堅い。

果たして終盤は来るか。それが鍵の戦いになりそうだ。言葉は要らない、和やかな雰囲気の中に厳しさを軽やかさをもって 2 人はプレイに臨む。

Game 1

中村修平

ダイスロールで志村先攻。志村はキープ、中村はマリガン。

まずは《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》で先行する志村だが、中村も《川の海神/River Kaijin》でがっちりガード、ダッシュは許さない。

しかし、志村はお構いなしに《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》を連打、その誘発型能力で突破していく。中村も《手の檻/Cage of Hands》で対処はしていくが、さらなる《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》の登場に《手の檻》を戻さざるを得ず、攻撃でライフは 8 まで減少。《侍の処罰者/Samurai Enforcers》も追加されるが、これには《秘教の抑制/Mystic Restraints》で対処する。

それでも志村のデッキに停止という文字はない。ここでは致命的となる《狐の易者/Kitsune Diviner》を繰り出し、息つく暇を与えない動きだ。

なんとか 6 マナに到達した中村は《蛾乗りの侍/Mothrider Samurai》を出し、《狐の易者》《未達の目/Eye of Nowhere》して時間を稼ごうとするが、《兜蛾/Kabuto Moth》を呼んでのフルアタックでライフを 2 まで減らされ、《狐の易者》が再登場すると投了するしかなかった。

中村 0 - 1 志村

Game 2

志村一郎

中村は序盤をしのげそうな手札を手にしたが、あいにく土地が《島/Island》 1 枚。しかし意を決してキープを宣言する。志村は冷静にキープ。

気合で第 2 ターンに《島》を引き当てた中村は、志村の土地に《未達の目》で時間を引き延ばす。強引とも思える手段で志村がディスカードを強いられる間に、さらに《平地/Plains》を引き入れての《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》。今回はなんとかなったかに見えた。

しかし、当然といえばそうかもしれないが土地が伸びない。《浮き夢のずべら/Floating-Dream Zubera》を出してチャンプブロックする、《霧中の到達/Reach Through Mists》《精神のくぐつ/Psychic Puppetry》を連携して時間を稼ぐなど苦闘を見せるが、それ以上の土地を引き入れることができない。

一方志村は出足こそかく乱されたものの、デッキの狙い通りの軽快な展開。《大蛇の支援者》から《残忍な詐欺師》《狐の裂け目歩き/Kitsune Riftwalker》を 2 体、《侍の処罰者》。小気味良い攻撃だ。

土地が止まっている中村も土地を引いていない分だけスペルでの対処力はあり、《手の檻》で攻勢をなんとかして止めようと試みるのだが、これが 2 枚とも志村のサイドカード《物静かな純潔/Quiet Purity》に叩き割られてしまっては、どうしようもない。

最後は「ジャイグロあるんでしょ?」の問いに《杉の力/Strength of Cedars》を見せられ、中村の投了となった。

中村 0 - 2 志村

なにもかも志村の狙い通りとなった感のあるマッチ。中村のデッキパワーも相当なものではあるのだが、そもそも時間が足りなかった。

志村一郎、勝利!

Tags: Report

編集