トップ «LoM 戦前記事:環境激変!? どーなんだ、神河?! 最新 ラウンド 3: 浅原晃 vs 中村修平»

Lord of Magic Championships 2004


ラウンド 3: 工藤耕一 vs 熱田直央

Written by 宮本聡志

昨年度のチャンピオンの熱田直央に挑むのは、LoM 予選の Five Dragons Cup の主催者でもある工藤耕一。

関東ではさほど珍しくもない、大会に出て勝てる主催者である。

Game 1

工藤耕一

ダイスロールで工藤が先攻。

熱田は《電結の働き手/Arcbound Worker》から《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》とスタートすれば、工藤はそれらを《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》《酸化/Oxidize》と壊し、自分の 3 ターン目には《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》《囁きの大霊堂/Vault of Whispers》を破壊と攻めたてる。

《電結の働き手》《彩色の宝球/Chromatic Sphere》と続ければ、工藤は《かまどの神/Hearth Kami》《大焼炉/Great Furnace》を破壊してマナベースを攻め立て、さらには《永遠の証人/Eternal Witness》《酸化》を回収。しかし相手は親和である。一気に手札の軽いアーティファクトをばら撒いて《マイアの処罰者/Myr Enforcer》と、心強いファッテイを召還。まぁ、《酸化》の避雷針になるんだけども。

おかげで《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》《頭蓋囲い/Cranial Plating》をまとって工藤に襲い掛かる。

それはキツイと、《かまどの神》でけん制すれば、熱田は《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》を。仕方なく《頭蓋囲い》を壊しに行くわけだが、熱田は関係ないといわんがばかりに場に残してあった《彩色の宝球》を使って一気に手札をリカバーしていく。

工藤もかかんに攻め立てるのだが、場に出ているクリーチャーのサイズが小さく、お世辞にもクロックとは言い難い。

リカバーされた手札からは《電結の荒廃者》が顔を出し、場にあるアーティファクトの数を数え、自分のライフを確認し、工藤は投了を宣言した。

熱田 Win

工藤 0 - 1 熱田

Game 2

熱田直央

先攻を選んだ工藤だが、苦しい表情。首をかしげながらドローをしていく。

《霊気の薬瓶/AEther Vial》《酸化》し、《彩色の宝球》《ヴィリジアンのシャーマン》で破壊と攻めたてる。

苦しそうな工藤とは逆に平然とした顔の熱田だった。土地が《ちらつき蛾の生息地》 1 枚で止まっており、そこにザクザクと刺さるのが工藤のアーティファクト破壊。少しづつだが熱田に焦りが見える。

《酸化》で、《かまどの神》で、《マグマの噴流/Magma Jet》で、そして《永遠の証人》で。熱田のライフを着実に削りながら場を制圧していく。

3 枚目の土地が並んだころにはすでに熱田のライフは 2 しかなく、豊潤な手札を使い切ることなく静かにカードを片付けた。

工藤 1 - 1 熱田

Game 3

先攻を選んだ熱田が、2 ターン目に深くため息をついた。静かなプレイスタイルの熱田なので、これは大変に珍しい。

そして熱田は少しの間、手札を見つめた。

《ちらつき蛾の生息地》をクリーチャー化して、《金属ガエル/Frogmite》《金属ガエル》とつなげる。

工藤の場には《森/Forest》が 1 枚立っているだけなのだが、その《森》がイカンのだ。かくして最初の読みに勝ったわけだ。となれば続くターンには《エイトグ/Atog》《電結の働き手》と次々に戦線に追加していくだけである。

工藤は《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》でマナを伸ばし、《ヴィリジアンのシャーマン》《静電気の稲妻》《ヴィリジアンのシャーマン》《桜族の長老》と熱田の攻勢を交わしていく。

さらに《弧炎撒き/Arc-Slogger》を追加し、地上の突破を図るが、熱田は《頭蓋囲い》《マイアの処罰者》と追加しそれを許さない。

が、彼の人は炎を撒き散らすのです。

《電結の働き手》に一度目の炎を、電結する前に《静電気の稲妻》《マイアの処罰者》を。少しづつ熱田の場を崩壊させていく。

熱田は《エイトグ》を追加するが、関係ないねと 2 度目の炎で《金属ガエル》を打ち落とし。そして重戦車の《弧炎撒き》が悠々と攻撃を開始した。

《電結の荒廃者》を戦線に追加したわけだが、これは《静電気の稲妻》で対処。ここで、カウンターが一つ乗った《霊気の薬瓶》が起動、熱田の手札から《大霊堂の信奉者》が出撃する。

3 度目の炎で《大霊堂の信奉者》を焼き落とす。

Arc-Slogger

そして工藤の顔がゆがむ。実はこの炎、起動時のライブラリーのトップは常に工藤のデッキのフィニッシャー。《弧炎撒き》《腐食ナメクジ/Molder Slug》《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》。起動しなければ勝っているそんなカードばかり。工藤に残されたライブライーの枚数は 14 枚、炎の回数はあと一回。

《霊気の薬瓶》から残された 1 枚《大霊堂の信奉者》が出撃し、《弧炎撒き》とのダメージレースを開始する。

2 体の《エイトグ》と 1 体の《大霊堂の信奉者》

 vs

1 体の《弧炎撒き》

工藤は《弧炎撒き》でなぐり、他のクリーチャーでチャンプする。その度に《大霊堂の信奉者》でライフが削られていく。

残されたライフと残されたライブラリーと。

工藤のライフは 10 点、ライブラリーは 12 枚。そして熱田のライフは 4 点。

アーティファクトの数は《ちらつき蛾の生息地》×2 を含めて 3 つ。工藤の場には《桜族の長老》が立っているだけ。そして、有効なカードは……引けない。

ここで 4 回目の炎を起動する。対象は《大霊堂の信奉者》。そして、ここでもやはり《腐食ナメクジ》がトップからめくれてしまい、小さく舌打ちする工藤。工藤に残されたライブラリーは 2 枚。

しかし、熱田の場には 2 枚の《ちらつき蛾の生息地》が大きな壁として立ちふさがる。

最後の望みをかけてドローをするもそこには解決する術は残されてはいなかった。

熱田 Win

工藤 1 - 2 熱田

Tags: Report

編集