トップ «ラウンド 2: 射場本正巳 vs 大原吉朗 最新 Interview: 中村修平»

Lord of Magic Championships 2004


ラウンド 2: 小川隆史 vs 遠藤悠介

Written by 吉川祐輔

Player information

小川隆史 - 地元千葉のプレイヤー、権利はもちろん地元 LMC から。

遠藤悠介 - 茨城からの参加。チーム戦 LMC で権利を得た。

Game 1

遠藤悠介

ダイスロールで遠藤先攻。

初手を覗きこんでわずかの沈黙、ここまでは両者同じだったが遠藤はキープを、小川はマリガンを宣言した。小川は 6 枚でキープ。

遠藤は《森/Forest》から《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》。対して小川は《山/Mountain》《金属モックス/Chrome Mox》《火山の鎚/Volcanic Hammer》を刻印)から《炎歩スリス/Slith Firewalker》のロケットスタート。続くターンにも《炎歩スリス》を追加し、一気呵成の構えだ。

対して遠藤は《師範の占い独楽》でデッキを回しながら、静かにウルザ地形を集めていく。しかし、やはり少し遅いか。

《永遠の証人/Eternal Witness》《森の占術/Sylvan Scrying》を回収し、次のターンにトロンをそろえられる状態に持ち込んだ遠藤だが、小川はこれを《マグマの噴流/Magma Jet》で薙ぐ。肥大化した《炎歩スリス》でライフを 4 まで追い詰めると、逆転を許すことなく《溶鉱炉の脈動/Pulse of the Forge》で勝負を決めた。

「デッキうんぬんじゃなく、スリスビートは強いよなあ」とは遠藤。

小川 1 - 0 遠藤

Game 2

小川隆史

続いて遠藤先攻。初手を見てプランを練っていた遠藤だが、無理と判断したのかライブラリに手をかけてマリガン宣言。6 枚ではキープ。小川も静かにキープする。

《森》スタートの遠藤に対し、《山》《金属モックス》から《炎歩スリス》と全く同じ展開を見せる小川。刻印も《火山の鎚》とまったく同じで、これには両者苦笑い。

違ったのは第 2 ターン。今回は《炎歩スリス》ではなくサイドカードたる《血染めの月/Blood Moon》だ。第 3 ターンには《島/Island》プレイから《知識の渇望/Thirst for Knowledge》と補充。遠藤は「デッキがわからん」と苦笑気味につぶやく。

先程のような一気の攻めとは行かず、こつこつと《炎歩スリス》でダメージを重ねるのみの小川に対し、遠藤は爆発的なマナとはいかないまでも着実にエネルギーを貯めていく。

そして 6 マナに達し、悩みの種の《炎歩スリス》《映し身人形/Duplicant》。この時点でのライフが 10、続くターンには 7 マナで《歯と爪/Tooth and Nail》をプレイし《永遠の証人》《隔離するタイタン/Sundering Titan》を手に入れ、終盤を自分のものにするべく動く。

しかしこれを見せられても動じない小川。ついに切り札たる《突撃の地鳴り/Seismic Assault》をプレイし、溜めた手札でプレッシャーをかける。だが遠藤のライフはまだ 10 ある。場は掌握されかけている。果たして間に合うのか。

遠藤は脅威を感じながらも、《永遠の証人》《歯と爪》を回収)《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》と並べて自分の場を構築にかかる。

だが自らのターンのドローを終えた小川は、遠藤に手札の枚数を尋ねる。それを確認すると、手札から 1、2、3、4、5 枚の土地を《突撃の地鳴り》に並べ、遠藤に 10 点のダメージを与える。

そう、このターンのドローこそ溜め続けた 5 枚目の土地だったのだった。

小川 2 - 0 遠藤

「スリスがちょっと無理~」とは遠藤。対する小川は、狙い通りの動きができたのか満足そうな表情。

状態は決して良くないという小川だが、この引きをきっかけに爆発できるか。

小川隆史、勝利!

Tags: Report

編集