トップ «ラウンド 1: 志村一郎 vs 相澤恵司 最新 ラウンド 2: 射場本正巳 vs 大原吉朗»

Lord of Magic Championships 2004


ラウンド 1: 森勝洋 vs 八十岡翔太

Written by 吉川祐輔

Player information

森勝洋 - 言わずと知れた「元祖ルーキー」。「2 代目ルーキー」たる大礒正嗣が初参戦する中、変わらぬ輝きを見せられるか。

八十岡翔太 - 毎年この時期になると、「ヤソコン」を呼ばれる新型コントロールを組み上げることでも有名なデッキビルダー。今年のできはいかに。

Game 1

八十岡翔太

朝の喧騒そのままに、八十岡はあわただしくスリーブを入れ替える。談笑しながら、「デッキはいつも通り」と言う森。

ジャンケンで森先攻。親和の森は《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》という遅いスタート、《エルフェイムの宮殿/Elfhame Palace》発進の八十岡もこれには一安心か。

第 2 ターンに《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》を出したのち、第 3 ターンに考慮に沈む森。「《神の怒り/Wrath of God》ってあったよね?」とひとこと。環境が劇的に変わるこの時期ならではの一幕? なのだろうか。もちろん入ってるとは、八十岡。

《エイトグ/Atog》を出し、続いて《電結の働き手/Arcbound Worker》を出すがこれは八十岡が少考の後《マナ漏出/Mana Leak》《神の怒り》はあるにせよ、野放図な展開は許さない構えだ。

続くターン、森は《頭蓋囲い/Cranial Plating》プレイ後、装備するも八十岡はこれを《酸化/Oxidize》《電結の荒廃者》の餌になる。攻撃した後、森は《電結の荒廃者》のカウンターを《ちらつき蛾の生息地》に移動。《神の怒り》を見据えた行動だ。

森の攻勢は続く。更なる《電結の荒廃者》を出してから攻撃だ。しかし八十岡はまたも《ちらつき蛾の生息地》《酸化》《電結の荒廃者》の餌になるところまで同じである。

八十岡はここで予定通りの《神の怒り》。対して森は、《電結の荒廃者》《霊気の薬瓶/AEther Vial》と並べ返すも、八十岡は《永遠の証人/Eternal Witness》《酸化》を回収、次のターンに《減衰のマトリックス/Damping Matrix》

これで完全に攻撃を封じ込めると、《けちな贈り物/Gifts Ungiven》。このプレイを見て、森はあっさりと投了した。

森 0 - 1 八十岡

Game 2

森勝洋

《霊気の薬瓶》を 3 つ(!)並べるスタートの森だが、土地が 1 枚から増えない。しかもそこに突き刺さる八十岡の《減衰のマトリックス》《電結の働き手》《エイトグ》を出しておく。

ようやく 2 枚目として《ちらつき蛾の生息地》を置いた森は少考。サイドからの《粉砕/Shatter》《減衰のマトリックス》を破壊すると攻撃、カウンターの少ない《霊気の薬瓶》 2 つを《エイトグ》の餌として 6 点のダメージを。

しかし、八十岡は《神の怒り》でしっかりと対応。《ちらつき蛾の生息地》で攻撃する森だが、八十岡は《霊気の薬瓶》《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》で破壊、後顧の憂いを断つ。森はこの能力で《電結の荒廃者》を出し、食っておく

八十岡は《知識の渇望/Thirst for Knowledge》で弾を補充、森もようやく《真鍮の都/City of Brass》から《物読み/Thoughtcast》で戦線をつなぎ止めようとする。

2/2 の《電結の荒廃者》で攻撃、《ヴィリジアンのシャーマン》が当然のブロック。ダメージスタック後貴重な《大焼炉/Great Furnace》《電結の荒廃者》を救うが、ダメージ応酬の後カウンターの引き受け先である《ちらつき蛾の生息地》《酸化》。さらに自らのターンで《神の怒り》と、主導権を渡さない。

森も《電結の荒廃者》で必死に食い下がっていく。しかし、八十岡は《永遠の証人》《ヴィリジアンのシャーマン》を回収し、森の貴重な土地を奪っていく。さらには《電結の荒廃者》《無効/Annul》

森はここに来てようやく《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》。しかしここに至っては遅かった感が否めない。八十岡は《減衰のマトリックス》でもって場を固定。

《頭蓋囲い》を装備済みの《大霊堂の信奉者》だが、攻撃してきた《ヴィリジアンのシャーマン》をブロックして死ななければいけないようでは厳しい。「初めてブロックした」とは森。

続いて《彩色の宝球/Chromatic Sphere》経由で《物読み》をプレイ、手駒をなんとか増やした森だが、引き当てた《大霊堂の信奉者》《マナ漏出》にあう。

お互い「きちー」と言い合いながらも、八十岡が先に《永遠の証人》を引き当て、攻勢を維持。

《減衰のマトリックス》で押さえ込みつつ、コツコツ攻撃を続ける八十岡。森は度重なる《真鍮の都》の使用と、コツコツアタックでライフをすり減らされ、虎の子の《爆片破/Shrapnel Blast》を守りに使わざるをえない。

八十岡はとどめを呼ぶべく《けちな贈り物》をプレイし、《機械の行進/March of the Machines》《知識の渇望》《永遠の証人》《ヴィリジアンのシャーマン》を提示。森は青 2 枚と緑 2 枚に分け、八十岡は前者を入手。

《機械の行進》を張って《減衰のマトリックス》で決めようという八十岡。森は《粉砕》で抵抗を見せるが、これを《卑下/Condescend》で封じて八十岡勝利。

森 0 - 2 八十岡

期待を裏切らない「ヤソコン」で開幕の一勝を手にした八十岡。デッキの詳細も含めて、今後も注目される存在だ。

八十岡翔太、勝利!

Tags: Report

編集