トップ «Voice from 龍王戦 最新 ラウンド 1: 森勝洋 vs 八十岡翔太»

Lord of Magic Championships 2004


ラウンド 1: 志村一郎 vs 相澤恵司

Written by 宮本聡志

相澤のデッキをシャッフル中にカードを落としてしまった志村。ちょっと困った顔でジャッジを呼ぶ志村がちょっとだけかわいい。

ぴゅーん、と飛んできた PWC の主催者のナカジマ氏が志村に警告を与えた……。GP チャンピオンと言えども初戦はやはり緊張するものなのか?

(『相手のデッキをシャッフル中に誤ってカードを見てしまった』ため。相手のデッキをシャッフルする際にも、こういうペナルティが発生するのでm読者の皆様も十分に気をつけて欲しい)

Game 1

相澤恵司

ダイスロールで相澤が先攻を選択。

《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》から《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》と続けて『親和』らしいスタートを切る相澤。対して志村は《山/Mountain》から《金属モックス/Chrome Mox》(刻印するのは《破砕/Demolish》)というスタートで、2 枚の《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》で相澤の場を一掃した上での《溶鉄の雨/Molten Rain》と、親和をさせない。

《マグマの噴流/Magma Jet》《電結の働き手/Arcbound Worker》を、さらに《マグマの噴流》《金属ガエル/Frogmite》《石の雨/Stone Rain》《教議会の座席/Seat of the Synod》と確実に相澤の手を狭めていく。

相澤は《大霊堂の信奉者》《電結の荒廃者》《大霊堂の信奉者》と軽いクリーチャーをターンに一体づつしか場に展開することしかできない。

志村はそれすら許さず、《隠れ石/Stalking Stones》をアクティベイトし、続けて《炎歩スリス/Slith Firewalker》を走らせる。これは先ほど召還された《大霊堂の信奉者》と相打ちとなる。

苦しい顔の相澤が力強くドローを。その思いが通じたのか、なんとか打開策となりえる《モリオックの装具工/Moriok Rigger》をプレイするわけだが、志村は《弧炎撒き/Arc-Slogger》を戦線に追加し、さらに《モリオックの装具工》を焼き落とす。

《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》をプレイするも、場に残った《大霊堂の信奉者》と共に志村の撒く炎で焼き尽くされる。

そして、志村が続けて《炎歩スリス》を戦線に追加したところで、相澤は静かにカードを片付けた。

志村 Win

志村 1 - 0 相澤

Game 2

志村一郎

少考の後、キープを宣言する相澤。

一見して、キープを宣言する志村。

対照的な二人だが……。

相澤は《大霊堂の信奉者》から続くのは《彩色の宝球/Chromatic Sphere》からの《物読み/Thoughtcast》。志村は《信奉者》を《静電気の稲妻》で焼き落とし、《かまどの神/Hearth Kami》

続けて相澤は《モリオックの装具工》、対する志村は《かまどの神》を。相澤はさらに《金属ガエル》を続けて召還し、減った手札は《物読み》で補充し、アドバンテージを稼ぐ。

志村はここで少考する。《溶鉄の雨》とマナしかハンド、とりあえず《溶鉄の雨》をプレイするわけだが、《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》を破壊するのか? それとも唯一の黒以外のマナソースとなる《空僻地/Glimmervoid》を破壊するのか?

志村はここで《ちらつき蛾の生息地》を破壊することを選んだ。

そして相澤は《厳粛な空護り》を追加した。

ここで志村のドローは《マグマの噴流》。よしよしといまだに大きくなっていない《モリオックの装具工》を焼き落とし、占術で《静電気の稲妻》をトップに乗せる。この一枚で風向きが相澤から志村へと変わる……。

遅いながらも《頭蓋囲い/Cranial Plating》を場に出すも、《厳粛な空護り》《ちらつき蛾の生息地》と相打ちに、《金属ガエル》《静電気の稲妻》でこんがりと焼かれる。《ちらつき蛾の生息地》《頭蓋囲い》をつけて攻撃しても、《かまどの神》に落とされる。

さらに襲い掛かろうとする《弧炎撒き》《マナ漏出/Mana Leak》で撃退するも依然として、場は苦しい。《弧炎撒き》の大きくなったモーションの隙をついて、ようやく《頭蓋囲い》を囲った一撃を志村に叩きつける。志村に残りライフは 11。

そして、淡々とお互いに土地を並べあう空白の瞬間。

相澤には《頭蓋囲い》にバックアップされた《金属ガエル》《電結の働き手》が。志村には《かまどの神》《隠れ石》が。それぞれがじっと互いをけん制しあう。

じんわりとだが、確実に互いに相手の喉笛を掻ききるために。そんな、緊迫した瞬間。

そして、相澤が動いた……。

このゲームのあいだ、相澤の減ることのなかった二枚の手札からこの対戦で初となる《爆片破/Shrapnel Blast》を志村へと叩きつける。志村の残りのライフは 6。

ここで動くという事は残る一枚も。ということは志村に残されたライフはあと 1 点。

が、ここで志村が追加したクリーチャーは《弧炎撒き》

カロウジテ保ッテイタ戦線ガ一気ニ崩壊スル。

《隠れ石》《かまどの神》が牙を向いて相澤へと襲い掛かる。相澤の残りライフは 7。

あと 1 点が削れない。

相澤に残された手はもう一枚の《爆片破》《弧炎撒き》を叩きこむだけ。

それでは、削りきれないんだ。

そして、志村が引いた一枚は《溶鉄の雨》。相澤に最後のチャンスを与えることなく、長かった勝負に幕を引いた。

志村 Win

志村 2 - 0 相澤

Tags: Report

編集