トップ «Voice from Planes Walker's C.. 最新 Voice from 龍王戦»

Lord of Magic Championships 2004


Voice from Riverside Cup

Written by 大谷龍

Q1:Riverside Cup ならではの企画、「ウリ」もしくは「特色」は?

  1. ドラフトによるトーナメント戦であること
  2. 一日にプレイできる対戦数が多いこと
  3. 5 時のおやつが出ること

ドラフトによるトーナメントというのはめずらしいと思います。まず予選ドラフトを行い、成績優秀者のみで決勝ドラフトを行うというスタイルを取っています。

以前、渋谷 DCI センターのドラフトに出るために、ものすごい苦労して仕事をやり繰りした記憶があります。時間のない社会人の方々にドラフトを楽しんでもらう機会を持ってもらえればなぁと思っています。(時間なかなか取れないから、俺の都合に合せてドラフトに付き合ってよ、というのが当初の目的だったのは内緒です。)

また、朝にスタンダード、その後ドラフト予選、決勝と、11 回+ドラフトピック 2 回と、かなりマジック漬けの一日が味わえるというのも特色だと思います。

あとは蛇足ですが、うちの大会は 5 時のおやつが出ます。長くマジックやってるとお腹がすくので、できるかぎり甘い物を多めに準備するようにしています。

Q2:2004 LoM シーズンにおける Riverside Cup の三大ニュースは?

(1) 4 月に、参加人数枠一杯の参加者に恵まれた

ドラフトトーナメントなので、5 卓、40 人をマキシマムにしています。決勝はこの中から 8 人のみという事で、3 戦全勝しないと決勝に確実には進めないという、プレイヤーにとっては非常に苦しい状況になりましたが、とてもレベルの高い決勝が実施することができました。

(2) プレイヤー層がかなり変化した

以前は京王線沿線の方が多かったのですが、2004 年シーズン中にかなりいろいろな方に来ていただけるようになりました。それにともないレベルもアップし、主催者の私は間違っても決勝に参加することはできなくなりましたが……。

(3) 意外に他のゲームをしないプレイヤーが多い

シーズンの終わりごろ、決勝にいけなかったメンツを集めて「8 人ニムト」をやりました。「ニムト」は私の中では UNO>ニムト>カタン という認知度だったのですが、ほとんどの方がやったことがないというのを知り、とても驚きました。

私の年代では、そのほとんどが非電源系(ボード)ゲーマーがマジックをたしなむという感じだったのですが、最近の人は違うようですね。

Q3:Riverside Cup の看板プレイヤーは?

入れ替わりが激しいので難しいのですが、以下の 2 人が注目株でしょうか……。

(1) BAO さん(葛尾さん)

東京に引っ越してきてから、調布の大会にはかならず顔を出す方です。調布組ではめずらしく、すべてのレギュレーションをたしなむ人で、どれもそこそこの実力の持ち主です。

(2) カミキタダさん

各地の LoM 予選に出ている方だと思います。今シーズン後半からずっときてくれています。私より年配のプレイヤーがいると、それだけでほっとした気分になります。いずれみなさんもそう思う日が来ることでしょう。

Q4:Riverside Cup が育てた、注目の次代のプレイヤーを教えてください。

リバ杯で育った、という人は今のところいないように思えます。

あえて言うなら、調布での主催者仲間は、私以外は実はかなりの実力者です。が、なぜか彼らは日の目のあたる大会に参加しようとせず、独自レギュを追及しています。いつかは彼らに LoM 本戦で暴れてもらいたいと願っているのですが、彼らはあまりスタンダードに興味がないようです。

Q5:Riverside Cup から 2004 年度 LoM に送り出すことになったプレイヤーの中で、期待のかかる人物(と、できればその理由)をお教えください。

山崎雄毅さんでしょうか、ドラフトでは非常に安定した強さの持ち主ですが、スタンダードはいまいち苦手なようです。

いつも勝っているイメージだったので、権利を取得したとき、「えっ、持ってなかったっけ?」という感じでした。ぜひともがんばって下さい。

Q6:来たる 2005 LoM シーズンにむけての PR をお願いします。

リバ杯は、「ここにくればドラフトができる!」という環境を提供し続けていきたいと思っています。「ドラフトなら俺は負けない!」という方のご参加をお待ちしております。

また、ドラフトはマジックの中で最もおもしろく、また最も短時間で上達する遊び方だと思います。「ドラフトは難しいしな」と思っている方もぜひともご参加下さい。かく言う私もドラフトが苦手な一人でした。(まあ、今でも強くはありませんがね。)

Riverside Cup

公式サイト:http://www.ab.cyberhome.ne.jp/~tokosa/chofudraft/frame.html

次回 Riverside Cup は 11 月 14 日に第 43 回大会を開催予定。

Tags: Feature

編集